新着!!子供服専門ブログ!(ジンボリーを中心にご紹介♪近日販売も開始予定?!)
内容はまだまだこれから充実させていきます。 よかったらきてね〜! RAINBOW TRADINGはこちら!!!

2005年06月20日

実践価値大いに有り!親が読む英語教育の本

赤ちゃんからの英語レッスン

赤ちゃんからの英語レッスン―絵本で育てるバイリンガル
4576032313中村 敦孔

リヨン社 2003-12
売り上げランキング : 3,305

おすすめ平均star
star意欲がわきます成功の鍵がたくさん!
starすぐに実践します!!!
star英語の苦手な私にもできそう、と思わせるバイリンガル教育

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



子供だけではなく、親のやる気を引き出すその内容は?
↓↓↓↓

<内容は・・・?>

この本は、簡単にいってしまえば、

二人の子供がいるお母さんが、バイリンガル子育てをどのように実践していったか?

使った教材や、その教材から得たものを子供の成長に合わせて書いてある本です。

絵本を使い、英語教育をしていく実体験が、事細かに書かれているのでとても参考になります。
いわば、

バイリンガル子育ての手引書-実践編-

といったところでしょうか。


しかし、何よりも、


この本から得られる情報の豊富さと、私たちと同じ親という視線から書かれた文章が、親のやる気を引き出すし、それこそが、この本の内容といえるでしょう。


<で、その魅力は・・・?>

筆者の中村敦孔さんは2児の母です。
自分の子供に英語を身につけてあげたいという一心で、試行錯誤を繰り返した結果たどり着いた方法を、この本で紹介しています。

ここで大事なのは、

何に対して、なぜ試行錯誤したのかも切実に書かれている点です。
またその結果、自分が下した判断と、その結果も書かれています。



例えば、

何かセット教材を購入しようと思ったとき、どの教材にしようか迷いますよね?

そういった点でも、かなり参考になります。




また、実体験そのものの内容が、けして、


「この人じゃないと出来ないこと」と言うわけではない。


この点です。

つまり、親であれば、誰でもがんばれることばかりなのです。
もちろん楽ではないですが、子供への愛情一つで実行可能なことなのです。

そして、結果として子供に英語力が身に付いていったという事実と共に書かれています。

これは嬉しいですよね!

とにかくバイリンガル子育てに対するやる気がどんどん芽生える本です。

年齢にあわせた絵本の進め方もとても参考になります。


<Laniの感想は・・・?>

この本は子供の英語教育に、絵本を使うことを提案しています。

絵本を通じて英語を学ぶということは、私も大いに賛成で、この本と出合う前から実践していました。

なぜなら、

1、もちろん子供は絵本が好き。
2、会話が自然である。(自然な会話表現が身につく)
3、美的センスが磨かれる。(かなり個人的な意見ですが)

だからです。


1の、子供は絵本が好きという点は、

コラム(Laniの独り言)の方で近日中に詳しく触れますが、

親といっしょに絵本を開くという事が、子供が本好きになるきっかけであることを念頭においてください。
それこそが実践するときに親ががんばる点だと私は思います。

絵本は、語彙力がつき、想像力を産み養います。
子供の想像力が生み出すものってすごいですよね。
そういった点でも、絵本は読んであげましょう!

かわいい結果、子供が絵本(本)好きになったというのは、結構うれしいことですよ!かわいい



2の、会話が自然であるという点はつまり、

英語学習において、ただ単に、単語や構文をお覚えさせる(頭に詰め込む)こととは違い実際の会話の流れ前後の事実関係から出てくる言い回し自然と身につくという事です。
その物語にストーリーが有るということが、いかに魅力的であるかという点に気づくきっかけになった本でもあります。

筆者の実体験であるという点から、非常に共感を覚え、結果バイリンガル子育てに対するやる気を大きく膨らませてくれた本でした。

3の、美的センスについては、
絵本には、有名なアーティスト(画家)が描いたものも多く、特に小さくてまだ美術館に行けない子供にも、視覚を通して、美的センスを磨かせることが出来ます

私の義姉は、某凄腕デザイナーですが、
やはり子供のころの玩具に描かれていた絵や絵本で使われいた色からの影響はかなり多きい様で、
自分が使っていた積み木などを自分の子供にも使わせたいと、大切にとってあったほどです。

紫色のネコが描かれた積み木で、小さいころからネコを描くと紫色に塗っていたそうです。
それだけ子供のときにの視覚から入ってきた物の影響力は大きいようです。

私自身が美大に進んだのも、小さいころ色鮮やかな絵本から受けた影響も有ると思います。

もちろん、今後私のお勧めの絵本は、どんどん紹介していきます!


この、赤ちゃんからの英語レッスンでも紹介されている絵本(教材)を、たまたま何点か持っていた(CTPや、オックスフォード)のですが、その教材の活かし方を考えるのにも非常に参考になり、この本がきっかけでその教材への取り組みに拍車がかかったのも事実です。



何から始めて良いのかわからないいお母さん!
先ずこの本を買ってください。



この本を買ったお母さん!
この本は買ってからが重要です。





私は、友達のお母さんや生徒のお母さんにこの本を薦めましたが、みなさんはりきってがんばっています。

かわいいヤル気になれば、成果が出るということを、体験できる本でした。かわいい




こちらのサイトで、いろんな英語の本が紹介されています。
>>>>英語で読書を楽しもう♪ 〜英語出直しママの多読日記〜


こちらのサイトで、絵本の読み方について、すごく共感できる記事が投稿されています。
>>>>子供が勉強好きになるために



この記事へのコメント
はじめまして
「子供が勉強好きになるために」のorbitsと申します。
トラックバック大変うれしく感じました。自身にもなりました。ありがとうございました。
絵本が「語彙力と想像力を書き立てる」これは100%同感です。
私のブログにも、読書についてですが、想像力と語彙に関して書いてあるのでまた見ていただけるとありがたいです。また読ませていただきます。
Posted by 子供が勉強好きになるために at 2005年06月21日 11:06
あまりにもタイムリーな内容とカラフルなブログに
感動しました!
まったく同じような内容の講演会とワークショップを企画しています。もしよろしければ、トラバかけさせてください。
Posted by Yoko at 2005年07月02日 21:46
Yokoさんはじめまして!
コメント有難うございます。
トラックバック大いに結構ですよ。
FUNKY KIDSの紹介も是非お願いします。
わたしもYokoさんのところにちょくちょくあそびにいきま〜す。

カテゴリの「はじめまして」のところにYokoさんのブログの簡単な紹介文をいただければ、(一応審査があるので、通過後になりますが・・・)お気に入りリンクに登録も行いますよ。

お互いにリンクを張り合う事が前提となります。

今後もよろしくお願いしま〜す。
Posted by Lani at 2005年07月03日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4482175

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。